アニメ情報

アニソンメドレーをyoutubeに上げるのは著作権違反!ならなぜ削除されないのか?

Youtubeやニコニコ動画などに無数に上がっているアニソンメドレーやゲーソンメドレーですが、「これって著作権違反なんじゃないの?」と疑問に思った方も多いことでしょう。

また、自分でアニソンメドレーを制作してYoutubeにアップしたいけど、「著作権違反で捕まるんじゃないかな…」と不安になる方も多いかと思います。

今回はそういった音楽の著作権に関して、さらにYoutubeの仕組みに関してなど、JASRACのサイトなどで調べてきましたのでご紹介します。

アニソンメドレーを作ってアップしてみようかな…と考えている人は、ぜひ最後までお読みになって参考にしてみて下さいね。

↓\今ならLINE証券のキャンペーンでお小遣いGET/↓ LINE証券

Youtubeのアニソンメドレーは著作権違反なのか

まずYoutubeなど動画投稿サイトに上がっているアニソンメドレーが著作権違反かそうでないかと言われれば、どうやら著作権違反に間違いないようです。

アニソンメドレーは著作権違反になる

アニソンメドレーは著作権違反

アニソンメドレーは著作権違反になることのエビデンス(証拠)ですが、音楽の著作権をつかさどるJASRACに以下のような内容が書いてあります。

『CDや有料配信サイトで購入した音楽を使用する場合、音源製作者(レコード会社等)の許可を得る必要があります。』
JASRAC 動画投稿(共有)サイトでの音楽利用 より

アニソンメドレーに使っているのはCD音源か、もしくはネットなどでのDLにて取ってきたものでしょうから、それをそのまま使うのは許可を得る必要があるわけですね。

つまり大体のアニソンメドレーは、元の音源を無断アップロードをしているわけですので、著作権違反になるという認識で良さそうです。演奏する場合などはまた違ってくるようですけどね。

なぜ削除されないのか

なぜ削除されないのか

動画の削除に関してですが、やはり依頼があったものは削除されるなどのケースはありそうです。

また、実際に著作権違反ですので、訴えられたら罰金や逮捕などの可能性もありそうです。

ただ数が多すぎるのと、いちいち対応する手間もあるので、見過ごされているだけということではないでしょうか。

アニソンメドレーを作成しているのは大体が学生だと予想できます。中には中学生や高校生も多いことでしょう。実際に私も学生の頃に、アニソンメドレーを作ってみようと思い自身で作成した経験があります。

そういったことで、一々対応するのも時間の無駄だしメリットがないということで、見過ごされているわけですね。学生を訴えても仕方が無いですし、学生ですからそういったことで問題になっても大した責任は取られ無さそうな印象です。

しかし立派な社会人だったり、企業において無断アップロードを堂々としていては、万が一訴えられた時に大変なことになる怖さもあります。

自分の身を大切にし、不安を抱えたくない方は、皆がやっているからといってアニソンメドレーをYoutubeなどにアップロードするのはやめておくのが吉なのかもしれません。

Youtubeの著作権管理の仕組みについて

上記に挙げたように、いちいち著作権違反の動画を削除するのは非常に手間になります。

よく調べずに削除することで、ユーザーとトラブルになってしまう可能性もありますからね。

そこでYoutubeの仕組みとして、著作権違反の動画には、自動的に著作権者に広告収入が入るなどのシステムも存在しています。

そうすることでYoutube側や権利者側が、いちいちチェックして削除したりしなくても、得をするようになっています。

ただそれがあるからといって、無断アップロードが許されているというわけではなさそうですので、注意しましょう。日々移り変わるネットの世界では、何が起きるか分かりませんからね。

まとめ

昨今ではテレビCMでも、無断アップロードに関する啓発がおこなわれていますね。

著作権について厳しくなっている部分もありますので、やはり不安に感じる方はアップロードをやめておく方が良いかもしれません。

色んなアニソンを聞くことができるアニソンメドレーは非常に楽しいものです。おそらく権利者側も、アニソンを楽しんでいるところをできるだけ邪魔したくない気持ちもあることでしょう。

ただし無料でアニソンを聞けるようになってしまっては、権利者側の損失にも繋がります。音楽はしっかりとお金を払って聞くことで、権利者側も助かることでしょう。

コンテンツを気軽にアップロードし、それを享受できる環境は確かにインターネットの利点の一つです。

ただし、お金に関することはシビアになる必要もあります。特に、既に成人を迎えたような人であれば、特に著作権などには気を付けてYoutubeなど動画投稿サイトを楽しみたいものですね。